【関連サイトのTOPページへ】
『サンデーサラブレッドクラブの2007年募集馬診断レポート』のTOPページへ
『キャロットクラブが一番!』のTOPページへ
『キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!』のTOPページへ
『競走馬の豆知識』のTOPページへ
『サンデーサラブレットクラブの公式HP』のTOPページへ
サンデーサラブレッドクラブは、過去にダービー馬を5頭輩出した生産牧場・ノーザンファームを中心に、追分ファーム、白老ファームが生産馬を提供する本格的なサラブレッドクラブです。ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオン、スペシャルウィーク、クロフネ、ジャングルポケット、フレンチデピュティを筆頭とする国内外の一流種牡馬の産駒に夢を託し、サラブレッドのロマン、エキサイティングな週末を楽しむために是非出資してみてはいかがでしょうか。

2007年06月24日

140.ハルシオンバードの06

【馬名】 ハルシオンバードの06
【性別】 牡
【毛色】 青鹿毛
【父】 モアザンレディ
【母】 ハルシオンバード (母父 ストームバード )
【生年月日】 2006年3月5日 生まれ
【生産牧場】 北海道日高町グッドラックファーム
【募集価格】 2,800 万円(一口価格 70 万円)
【募集馬カタログのコメント】 脚長でスラリとしたシルエットは一見すると華奢な印象を受けますが、それは薄い皮膚と無駄肉の少ない馬体の所以であるとすぐにわかります。まだ腰の位置がやや高く幼さの残る体型をしているものの、全体的なバランスはとても良く、この時期の1歳馬とは思えないほどの完成度の高さが感じられます。放牧地で見せる重心のブレないスマートな走りはとても軽やかで、非凡な速力が早くもうかがえます。体型から距離が持ちそうな感じはしますが、父、母系ともに仕上がりが早く短い距離を得意とするため、本馬もスピードを最大の武器として、2歳の早い時期からの活躍を目指していきます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1997 生まれ、本馬は 9 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
【産駒の成績と馬場・距離適性】 半兄ミスパラノイド(父 Honors Grades)は米1勝。半姉ルドルフウォン(父Brahms)は伊1勝。馬場、距離傾向は不明。

【楽天馬の評価】 ★★★★★☆☆
【楽天馬の一言】 母は不出走なのでポテンシャルがあるのは間違いないところです。ただ、産駒のこれまでの成績から、相手を選ぶのか、思いのほか活躍していません。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の血統】 ヘイルトゥリーズン 系× ノーザンダンサー 系
【クロス】 ノーザンダンサーの4×3、ミスタープロスペクターの4×4など
【牝系の特徴】 コメントから早熟、スピード血統のようです。
【近親・兄弟の活躍馬】 母の兄妹には、パールオブラヴ(伊グランテリウム(G1)勝ちなど英伊4勝)や、ソシアルチャーター(エクリプスH勝ちなど英米7勝)などがいます。近親で日本に入ってきている中では、トーヨーリファールがニュージーランドトロフィー4歳S勝ちなど活躍しました。

【楽天馬の評価】 ★★★★★☆☆
【楽天馬の一言】 血統はまずまずでしょう。主流血脈の強いクロスが良い方に作用するとおもしろいですね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断 未定
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断
【楽天馬の評価】 ★★★★★★☆
【楽天馬の一言】 馬体は窮屈さがなく、柔らかそうな筋肉をまとった好馬体です。現在の馬体重がわかりませんが、既にキ甲と腰の高さの差があまりありませんので、サイズは今よりそれほど大きくならない感じです。この時期としては大人びた馬体と言えます。早熟血統のようですので、その辺が出ているのかもしれません。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
【楽天馬の評価】 ★★★★★☆☆
【楽天馬の一言】 いろいろな面でバランスの良い馬です。気性の良さそうで賢そうです。血統はダートですが、脚元の感じから芝でもやれそうです。まあ、これから馬体は変わっていきますからね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


posted by 楽天馬 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
社台グループの紹介
昨年の活躍が記憶に新しいディープインパクト、ハーツクライやリーディングサイアーの常連ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオン、クロフネ、ジャングルポケットをはじめ国内外の一流血脈を受け継ぐ種牡馬を多数繋養する「社台スタリオンステーション」。 広大な放牧地と調教施設、最新の設備、高い技術を誇るスタッフ、良血牝馬など牧場運営に欠かせないアイテムが全て整った「社台ファーム」「ノーザンファーム」「追分ファーム」「白老ファーム」。 さらに北海道と美浦トレーニングセンターの中間に位置し、本格的なトレーニングを展開する「山元トレーニングセンター」。また栗東トレーニングセンター近くに位置し、坂路をはじめ十分な施設を備える「グリーンウッド・トレーニング」。生産から育成まで、日夜強い馬づくりを目指すのが社台グループです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。