【関連サイトのTOPページへ】
『サンデーサラブレッドクラブの2007年募集馬診断レポート』のTOPページへ
『キャロットクラブが一番!』のTOPページへ
『キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!』のTOPページへ
『競走馬の豆知識』のTOPページへ
『サンデーサラブレットクラブの公式HP』のTOPページへ
サンデーサラブレッドクラブは、過去にダービー馬を5頭輩出した生産牧場・ノーザンファームを中心に、追分ファーム、白老ファームが生産馬を提供する本格的なサラブレッドクラブです。ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオン、スペシャルウィーク、クロフネ、ジャングルポケット、フレンチデピュティを筆頭とする国内外の一流種牡馬の産駒に夢を託し、サラブレッドのロマン、エキサイティングな週末を楽しむために是非出資してみてはいかがでしょうか。

2007年06月30日

101.ウィッチズハットの06

【馬名】 ウィッチズハットの06
【性別】 牡
【毛色】 黒鹿毛
【父】 アグネスタキオン
【母】 ウィッチズハット (母父 ストームキャット )
【生年月日】 2006年2月1日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 5,000 万円(一口価格 125 万円)
【募集馬カタログのコメント】 馬体全体を見てまず目にとまるのは、大きく発達した胸前から肩にかけての筋肉です。このいかにも父の仔らしい筋肉は回転が速く前肢のかき込みの強いパワフルな走りを生み出しており、一気に加速していく姿には力のいる馬場も苦にしない逞しさを感じます。以前は少し薄く映ったトモも日一日と成長しており、身体面での充実ぶりは文句なしの一言です。兄たちは豊富なスピードを武器に短い距離のレースを得意としていますが、父が今春のG1戦線を賑わせているアグネスタキオンに替わり馬体に柔らか味の増した本馬は、2歳時から活躍しクラシックロードに乗ってくれるものと確信しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1992 生まれ、本馬は 14 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
【産駒の成績と馬場・距離適性】 初仔から6年連続スターオブコジーンが配合されています。意図は不明。5番仔ハリーズコメットが中央20戦5勝、地方2戦1勝で交流の北海道スプリント(G3)を勝っています。6番仔ヒカルバローロが中央4勝。ほとんどの産駒がダート短−マイルを主戦場にしています。一つ上のシャルロットノアル(父フジキセキ)が新馬勝ちで、オッと思わせました。本馬は、9番仔ですね。

【楽天馬の評価】 ★★★★★☆☆
【楽天馬の一言】 繁殖としてのポテンシャルはあるのですが、一番の繁殖適期にずっとスターオブコジーンをつけられてきたのは、ちょっともったいなかったですね。シャルロットノアル(父フジキセキ)の活躍からヘイルトゥーリーズン系種牡馬との相性については見直しが必要ですが、繁殖適期ギリギリの馬であるのは確かで、判断が難しいところです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の血統】 ヘイルトゥリーズン 系× ノーザンダンサー 系
【クロス】 ボールドルーラーの5×5
【牝系の特徴】 本馬の祖母は、バックパサー系の肌にエタン系のサーペンアップという母系にあって心強い配合となっています。その効果なのか祖母ミセスハットを起点にして活躍馬が出ている感じです。
【近親・兄弟の活躍馬】 本馬の従兄弟に仏米の重賞馬が3頭。

【楽天馬の評価】 ★★★★★★☆
【楽天馬の一言】 ニックスと言って良い配合です。ボールドルーラーのクロスも底力を感じますね。母系に入って良い方にはたらく血を母はたくさん持っていますので、父アグネスタキオンとの配合は実に楽しみです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断 未定
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断
【楽天馬の評価】 ★★★★★★☆
【楽天馬の一言】 まだ幼い馬体で、ちょっと背タレではありますが、トモの形が凄く良くて、ボリューム感もあり、将来胴がパンとしてきた時には、かなりのバネを感じさせる馬体になるでしょう。肩甲骨から胸前に良い筋肉がついています。脚もとがまだしっかりしていない感じですが、どちらかの脚が流れるようなことはないようです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
【楽天馬の評価】 ★★★★★☆☆
【楽天馬の一言】 バランス的には、中距離系の馬体です。血統背景もなかなかで、母も同一種牡馬を続けられてきたこともあって、これから異系の種牡馬との配合で爆発がある可能性もあります。ただ、5千万の馬としては、もう少し強力な血統背景が欲しかったですね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


posted by 楽天馬 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
社台グループの紹介
昨年の活躍が記憶に新しいディープインパクト、ハーツクライやリーディングサイアーの常連ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオン、クロフネ、ジャングルポケットをはじめ国内外の一流血脈を受け継ぐ種牡馬を多数繋養する「社台スタリオンステーション」。 広大な放牧地と調教施設、最新の設備、高い技術を誇るスタッフ、良血牝馬など牧場運営に欠かせないアイテムが全て整った「社台ファーム」「ノーザンファーム」「追分ファーム」「白老ファーム」。 さらに北海道と美浦トレーニングセンターの中間に位置し、本格的なトレーニングを展開する「山元トレーニングセンター」。また栗東トレーニングセンター近くに位置し、坂路をはじめ十分な施設を備える「グリーンウッド・トレーニング」。生産から育成まで、日夜強い馬づくりを目指すのが社台グループです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。