【関連サイトのTOPページへ】
『サンデーサラブレッドクラブの2007年募集馬診断レポート』のTOPページへ
『キャロットクラブが一番!』のTOPページへ
『キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!』のTOPページへ
『競走馬の豆知識』のTOPページへ
『サンデーサラブレットクラブの公式HP』のTOPページへ
サンデーサラブレッドクラブは、過去にダービー馬を5頭輩出した生産牧場・ノーザンファームを中心に、追分ファーム、白老ファームが生産馬を提供する本格的なサラブレッドクラブです。ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオン、スペシャルウィーク、クロフネ、ジャングルポケット、フレンチデピュティを筆頭とする国内外の一流種牡馬の産駒に夢を託し、サラブレッドのロマン、エキサイティングな週末を楽しむために是非出資してみてはいかがでしょうか。

2007年07月06日

105.マリスターIIの06

【馬名】 マリスターIIの06
【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 スペシャルウィーク
【母】 マリスターII (母父 ボールドスキ )
【生年月日】 2006年4月11日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 2,400 万円(一口価格 60 万円)
【募集馬カタログのコメント】 スマートに映る馬体はバランスが良く無駄のない筋肉と薄い皮膚、そして柔らかい繋を持ち合わせ、父の姿を彷彿とさせます。牝馬らしくやや敏感な面もありますが、人の手を煩わすほどではなく、秋から始まるブレーキングもスムーズに進められるでしょう。放牧地で見せる首を上手に使ったストライドの大きな走りは全身バネそのもので、体躯のつくりや走法から芝の中距離を中心に活躍の場を求め、良馬場だとさらなる真価を発揮しそうです。血統背景や気性面を考えると2歳戦から活躍が見込め、安定した走りで勝ち星を重ねてくれるでしょう。母の産駒すべてが勝ち上がっている点も見逃せません。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1991 生まれ、本馬は 15 歳の時の産駒
【母の戦歴】 米5勝
【主な勝ち鞍】 デルマー招待オークス(G1)2着、ハニムーンH(G3)2着など。
【産駒の成績と馬場・距離適性】 7番仔ベッラレイア(父ナリタトップロード)が活躍中です。産駒の適性については馬場・距離ともあまり傾向はなく、相手種牡馬の特徴を出す繁殖のようです。

【楽天馬の評価】 ★★★★☆☆☆
【楽天馬の一言】 重賞戦線で活躍した母ですが、繁殖入りの際に若干無理をしたような傾向が見られます。既に繁殖適期を過ぎましたが、配合相手によっては、まだ活躍馬を出す可能性もあるとみます。ただ、全兄サイバーキングダムの成績から、本馬には大きな期待はできないというのが私の見方です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の血統】 ヘイルトゥリーズン 系× ノーザンダンサー 系
【クロス】 ニジンスキーの4×3
【牝系の特徴】 曾祖母ピンクダヴからゴールデンフェザント、トライアルバイエラーという種牡馬が出ています。
【近親・兄弟の活躍馬】 ピンクパピヨン、ベッラレイア

【楽天馬の評価】 ★★★★☆☆☆
【楽天馬の一言】 血統的にはまずまずといった感じでしょうか。確かに曾祖母から活躍馬が出ていますが、最近はあまり活力がありません。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断 未定
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断
【楽天馬の評価】 ★★★★★★☆
【楽天馬の一言】 特に脚元が軽く見えるのは良いですね。トモがしっかりしていてこれから良い筋肉がたくさん付いてくれそうな素養が見られます。ちょっと背タレ気味ですが、背中にも良い筋肉がつきそうな感じが見られるので、これから変わるでしょう。牝馬で仕上がりが早そうです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
【楽天馬の評価】 ★★★★☆☆☆
【楽天馬の一言】 正直言って馬体の良さに賭けるしかないという感じですね。背景にはあまり良い材料がありません。この値段はちょっと高いかな。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


posted by 楽天馬 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
社台グループの紹介
昨年の活躍が記憶に新しいディープインパクト、ハーツクライやリーディングサイアーの常連ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオン、クロフネ、ジャングルポケットをはじめ国内外の一流血脈を受け継ぐ種牡馬を多数繋養する「社台スタリオンステーション」。 広大な放牧地と調教施設、最新の設備、高い技術を誇るスタッフ、良血牝馬など牧場運営に欠かせないアイテムが全て整った「社台ファーム」「ノーザンファーム」「追分ファーム」「白老ファーム」。 さらに北海道と美浦トレーニングセンターの中間に位置し、本格的なトレーニングを展開する「山元トレーニングセンター」。また栗東トレーニングセンター近くに位置し、坂路をはじめ十分な施設を備える「グリーンウッド・トレーニング」。生産から育成まで、日夜強い馬づくりを目指すのが社台グループです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。