【関連サイトのTOPページへ】
『サンデーサラブレッドクラブの2007年募集馬診断レポート』のTOPページへ
『キャロットクラブが一番!』のTOPページへ
『キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!』のTOPページへ
『競走馬の豆知識』のTOPページへ
『サンデーサラブレットクラブの公式HP』のTOPページへ
サンデーサラブレッドクラブは、過去にダービー馬を5頭輩出した生産牧場・ノーザンファームを中心に、追分ファーム、白老ファームが生産馬を提供する本格的なサラブレッドクラブです。ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオン、スペシャルウィーク、クロフネ、ジャングルポケット、フレンチデピュティを筆頭とする国内外の一流種牡馬の産駒に夢を託し、サラブレッドのロマン、エキサイティングな週末を楽しむために是非出資してみてはいかがでしょうか。

2007年07月08日

173.リッチアフェアーの06

【馬名】 リッチアフェアーの06
【性別】 メス
【毛色】 青鹿毛
【父】 ネオユニヴァース
【母】 リッチアフェアー (母父 マキャヴェリアン )
【生年月日】 2006年4月10日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 2,000 万円(一口価格 50 万円)
【募集馬カタログのコメント】 一切の無駄をそぎ落としたシャープな馬体は他馬と比べると華奢に映りますが、健康上何ら問題がないのは本馬のピカピカの毛ヅヤを見れば一目瞭然です。肩先の薄いつくりや背中のライン、繋の長さや角度は父にそっくりで、脚さばきが軽く柔軟で弾むようなフットワークです。この小さな体のどこにそんなエネルギーがあるのかと感心させられるほどアグレッシブに動き回り、目の輝きは常にバイタリティーに満ちあふれていて、基礎体力が相当なものであることは間違いありません。切れ味で勝るのは牡馬ではなく牝馬、牝馬特有の繊細でやや神経質な気性もプラス要素として捉えることができます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2000 生まれ、本馬は 6 歳の時の産駒
【母の戦歴】 英1勝
【産駒の成績と馬場・距離適性】 本馬が第2子。第1子(父シングスピール)は不出走引退?のようですね。

【楽天馬の評価】 ★★★★★☆☆
【楽天馬の一言】 現役引退から繁殖までの経過がわかりませんので、その点ではなんとも言えません。まだ若く繁殖適期まで至っていません。ただ、おそらくは4歳で引退したと思われるので、それほど現役時代にたくさん走って無理をした馬でもなさそうですね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の血統】 ヘイルトゥリーズン 系× ミスタープロスペクター 系
【クロス】 ヘイローの3×4
【牝系の特徴】 曾祖母マッチトゥリスキーから大きく繁栄している牝系です。重賞馬が近親に多数います。
【近親・兄弟の活躍馬】 近親にはスウィフトカレント、アサクサデンエンがいます。

【楽天馬の評価】 ★★★★★★☆
【楽天馬の一言】 血統は文句なしですね。牝系も勢いがあります。それとこの牝系から出て活躍しているスウィフトカレント、アサクサデンエンは、ヘイローの2×4、3×4のクロスを持った馬で、本馬もその点が同じですね。ヘイローのクロスをもっていて重賞を勝った馬は、日本では数少ないですが、そのうちの2頭がこの牝系から出ているのは興味深いことです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断 未定
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断
【楽天馬の評価】 ★★★★★★☆
【楽天馬の一言】 立ち姿が良いですし、顔が良いですね。人には従順でありながら、馬には闘争心をむき出しにするような、そんな感じの馬です。馬体の張りツヤから健康状態も良さそうで、繋ぎの感じから脚元のクッションも良い感じがします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
【楽天馬の評価】 ★★★★★★☆
【楽天馬の一言】 馬体良く、血統背景もしっかりしています。母の繁殖ポテンシャルだけがちょっと心配ですが、総合的に見て良い馬には違いないですね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


posted by 楽天馬 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
社台グループの紹介
昨年の活躍が記憶に新しいディープインパクト、ハーツクライやリーディングサイアーの常連ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオン、クロフネ、ジャングルポケットをはじめ国内外の一流血脈を受け継ぐ種牡馬を多数繋養する「社台スタリオンステーション」。 広大な放牧地と調教施設、最新の設備、高い技術を誇るスタッフ、良血牝馬など牧場運営に欠かせないアイテムが全て整った「社台ファーム」「ノーザンファーム」「追分ファーム」「白老ファーム」。 さらに北海道と美浦トレーニングセンターの中間に位置し、本格的なトレーニングを展開する「山元トレーニングセンター」。また栗東トレーニングセンター近くに位置し、坂路をはじめ十分な施設を備える「グリーンウッド・トレーニング」。生産から育成まで、日夜強い馬づくりを目指すのが社台グループです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。