【関連サイトのTOPページへ】
『サンデーサラブレッドクラブの2007年募集馬診断レポート』のTOPページへ
『キャロットクラブが一番!』のTOPページへ
『キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!』のTOPページへ
『競走馬の豆知識』のTOPページへ
『サンデーサラブレットクラブの公式HP』のTOPページへ
サンデーサラブレッドクラブは、過去にダービー馬を5頭輩出した生産牧場・ノーザンファームを中心に、追分ファーム、白老ファームが生産馬を提供する本格的なサラブレッドクラブです。ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオン、スペシャルウィーク、クロフネ、ジャングルポケット、フレンチデピュティを筆頭とする国内外の一流種牡馬の産駒に夢を託し、サラブレッドのロマン、エキサイティングな週末を楽しむために是非出資してみてはいかがでしょうか。

2007年08月06日

107.ティティスの06

【馬名】 ティティスの06
【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 スペシャルウィーク
【母】 ティティス (母父 エリシオ )
【生年月日】 2006年5月19日 生まれ
【生産牧場】 白老ファーム
【募集価格】 1,600 万円(一口価格 40 万円)
【募集馬カタログのコメント】 初仔で遅生まれのため、現時点では線の細さが残る幼い印象の本馬ですが、これからの成長期にしっかりと鍛えられて力強さが備わり、スケール感にあふれメリハリのある馬体へと成熟していくことは容易に想像できます。走ることを心から楽しむ快活な気性をしており、全身を上手に使ったしなやかなフォームで悠々とグループを引率して疾走する姿を目にするたびに、祖母のように一線級で長く活躍できる資質を授かった1頭である気がしてなりません。チャンピオン誕生後に配合された世代が再ブレークすることは間違いない父の産駒の本馬が、枝葉広がるファンシミン系の太い幹へと育っていくでしょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2000 生まれ、本馬は 6 歳の時の産駒
【母の戦歴】 9 戦 1 勝
【主な勝ち鞍】 特になし
【母の馬場・距離適性】 ダート短距離
【母の引退時期】 2003/9/14 (引退年齢 3 歳)
【産駒の成績と馬場・距離適性】 本馬が初仔

【楽天馬の評価】 ★★★★★★☆
【楽天馬の一言】 母はまだ若く繁殖適期には入っていませんが、疲労感無く繁殖入りしていますので、ポテンシャルが高いのは間違いありません。いきなり活躍馬を出す可能性も十分にありますね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の血統】 ヘイルトゥリーズン 系× ノーザンダンサー 系
【クロス】 ノーザンダンサーの5×5×4
【牝系の特徴】 祖母はダイナフェアリーですので、母の兄弟にはサマーサスピション(父SS)、ローゼンカバリー(父SS)の両種牡馬がいます。今勢いがあって、大いに繁栄している血統です。
【近親・兄弟の活躍馬】 ダイナシュート(父ノーザンテースト、牡)1勝、七夕賞勝ち。イブキタモンヤグラ(父キャロルハウス、牡)3勝、地方6勝。フォロロマーノ(父アスワン、牡)5勝。

【楽天馬の評価】 ★★★★☆☆☆
【楽天馬の一言】 牝系としては一流と言って良いでしょう。特にこの牝系はサンデーサイレンスとの相性が良いようですので、今回もサンデー系種牡馬ということで楽しみです。ただ、母父エリシオが問題です。母系はもともとスタミナ血統です。ここに重たい芝が得意なエリシオが入って、普通に考えれば日本の高速馬場には合いそうにないパワー+スタミナ型の馬という印象です。希望は父スペシャルウィークの軽さですね。これがきちっと遺伝されていれば、日本の芝に合わないこともない感じがしますね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断 未定
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断
【楽天馬の評価】 ★★★★★☆☆
【楽天馬の一言】 馬体は、もちろんまだかなり幼く、線も細いですが、バランスが良く、父スペシャルウィークがよく出た感じで、軽そうで、それでいて四肢がしっかりしています。気性もきつそうではありますが、メリハリがありそうで良い感じです。これから成長するうちに、母父エリシオの重たさが出ないようであれば、走る馬でしょうね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
【楽天馬の評価】 ★★★★☆☆☆
【楽天馬の一言】 この馬は、母父エリシオの形質が出るか出ないかが全てという気がします。馬体は非常に良く、この時期線が細いのもむしろ好感です。ただ、やはり大きくなっていって母父の影響が出てくるかもしれないと考えると、リスキーな馬であることは間違いないですね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


posted by 楽天馬 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
社台グループの紹介
昨年の活躍が記憶に新しいディープインパクト、ハーツクライやリーディングサイアーの常連ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオン、クロフネ、ジャングルポケットをはじめ国内外の一流血脈を受け継ぐ種牡馬を多数繋養する「社台スタリオンステーション」。 広大な放牧地と調教施設、最新の設備、高い技術を誇るスタッフ、良血牝馬など牧場運営に欠かせないアイテムが全て整った「社台ファーム」「ノーザンファーム」「追分ファーム」「白老ファーム」。 さらに北海道と美浦トレーニングセンターの中間に位置し、本格的なトレーニングを展開する「山元トレーニングセンター」。また栗東トレーニングセンター近くに位置し、坂路をはじめ十分な施設を備える「グリーンウッド・トレーニング」。生産から育成まで、日夜強い馬づくりを目指すのが社台グループです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。